シーン by
何故か正座で千里を見上げる私と壁によりかかり腕を組んでこちらを見つめる千里。彼の眉間にはシワがより、疑い深く私を見つめた。
16ページより