「久我さん……仕事中です、離して」

「俺は葵結に触れたくてたまらない」

そう言うと私の頬を久我さんの左手が触れる。そして唇が重なった。
3ページより