シーン by
「……な、に」

「俺はこんなにお前が欲しくてたまんねぇのに、お前は俺が欲しくなんねぇの?」

…え?

「焦らして焦らされてんの俺じゃん。女に馬鹿みたいに尻尾振って馬鹿みたいじゃね?」
556ページより