by
あたしの左手が瀬那先輩の右手に攫われる。

指と指が絡んでぎゅっと繋がれて。

「送ってあげる」

ご機嫌にふわりと笑った瀬那先輩
273ページより