by
「どろどろに溶ければいい」

「こうが、さん、もう、あっ、あ、」

「脳ミソごと、俺に呑まれろ」

「きて、もうっ……おね、がいっ」

抱き上げられて対面座位になると、後頭部を荒っぽく引き寄せられて、あつく絡まるキスをした。

下から突き上げられて身体が上下に動く。

吐息を弾ませ見つめ合う。

そこにいたのは誰もが魅力される、男。

「イってほしい?」

「う、あっ……は、」

「いいけど、オマエ死ぬなよ?」
116ページより