「口説くも、付き合うも、好きにすればいいんじゃないですか。
許可制じゃないんだから。佐伯さん、さすがに律儀すぎますって」

「好きにしていいんだ」

「決めるのは俺じゃないですよね。志眞から、どう聞いてのるか分かりませんけど、わざわざ、俺に報告しなくていいっすよ。正直、どうでもいいです」
219ページより