by

「それと同じように、もしこの子の身にしんどい何かが起こったとき、それをまるごと共有するのは俺がいいなーとも思って、お都瑠に結婚しようって言ったんだよ」
164ページより