by
精いっぱいの別れの言葉が、
いつまでもきみの心に残ってしまうような、凶器になりますように。
19ページより