by
分かってはいたが、それでも、触れた時のことを覚えていなくてラッキーだった。
もしも覚えていたら、もう二度とサラと友達には戻れ無かっただろうから。
4ページより