by
「楠が笑ってくれるなら親友でも嬉しいけど、こんな風に側にいたら、もっと、もっとって欲深くなりそうでこわいな」
52ページより