「なぁ、ソウ」

「なに?」

「かっこいいよ、お前。惚れるわ」

「まじ?そりゃあ嬉しいね」

「はっ、ほんととんでもねぇの拾ってきたよな、大雅さん」

「え、それ褒めてる??」
52ページより