by
くムードを作らない私の叫び声に、『雫くん』は、珍しく口角をきゅっと上げて、

「かわいい」

そう、あつい唇で私の頬に触れた。

end
116ページより