彼が辛い時寂しい時、傍にいて支えてたのは呉羽だ。
その関係が歪だとしても、周りから見て異質だとしても、あなたに、僕達に、彼らの生き方を否定するのは許されない
275ページより