by
「好きなオンナ、近くで見てぇと思って何が悪ぃ。触れてぇと思って何が悪ぃ。抱きてぇと思って当たり前だろーが」
182ページより