by
オリエンタルな香りと煙草の匂いが近づいたと思ったら、いつのまにか近づいてきた恒河さんに腕を掴まれて──引き寄せられた。

「頼むから、そばにいてくれ」
195ページより