by
蘭くんの切れ長の目がやさしい形になる。

私がうれしいはずなのに、蘭くんまでうれそうにしている気がしたのは、きっと、気のせいだろう。
55ページより