by
私……

芦野さんと話すの、
好きだわ」

周りのざわめきが一瞬、
途切れた感覚。

「・・・参ったな」

芦野はフッと
軽く息を吐いた。
314ページより