by
でも許してくれなくてもいい。いいからせめて私のことは忘れて、なかったことにして幸せでいてほしい。そうじゃないと私が困るから。私が苦しいから。
190ページより