by
耐えきれず唇を塞いで、ほんの少し開いた口の中に舌を滑らせる。それに一生懸命応えようとして控えめに舌を絡ませてくるのも、トレーナーの袖をぎゅっと掴んでくるのも、ぜんぶ俺の欲を掻き立てる行為でしかない。
199ページより