by

音夜は美夜の唇に指を充てた。窘めるようにちょんちょんと触られて、美夜は顔を真っ赤にする。
76ページより