by


「いや、いいよ
……ちょっとジャズバーにでもこの子連れて飲みに行こうかなって思ってるから」

397ページより