by
「…キスしていい…?」

手の甲でわたしの頬を撫でる。瘡蓋だらけの愛おしい手。
それがやさしく髪に伸びて彼が言う。

「好きな奴としかしねぇよ」
38ページより