by
ヤシマさんが彼女の元へ行くために店を出て行った後、イツキが少しだけ話してくれた。
33ページより