by
泣きたい時傍にいてくれた瀬戸さんはもういない。
これからは自分1人で歩いていかないと。

そう胸の中決意すると、私はそのまま1人で瀬戸さんの家を後にした。
313ページより