by
以上、美結斎に散々教育させられた強制お断りテンプレート文応用編であり、また、このエピソードはあくまで“一例”に過ぎないことをここに述べておく。
263ページより