by
「な、飲み行きたいよな。けどまた今度でいい?」

「っ、憂雅、さん……」

「ああ、ごめんごめん。ほら、久々に帰ってきたから澪とふたりっきりにさせて欲しい気分」
123ページより