by
私の手首を掴んだまま、自分の鼻に寄せ、確認するみたいに匂いを嗅いですっと手を離してふっと笑った。
76ページより