by
その後今度は彼女がスプーンで掬ったアイスと思われるものを彼に差し出せば、彼もまた、当たり前のようにそれを食べていた。
564ページより