by
あの家に置いてもらう限られた日々を、心の底から楽しもうと思った。

自分の気持ちに素直になって、あの人達と過ごしてみようと思った。
242ページより