ミストラル・レイク

みすとらる・れいく

すべてのストーリーに、オチがあります。

最後の一点に向かって、書いているつもりです。

2回目に新たに伝わってくることがある、

そういう小説が、昨今増えてきているので、

そんな風な意識で書きました。

私の書くミステリーのテーマは、

先にあったことと、

後から生じたことの意味の入れ替え。

そうすることで新しい意味を醸し出す。

というわけで、恋愛小説もまた、同じように書いています。