絢菜

あやな

初めまして、ゆりひめ改め
あやなです。
 
恋愛小説、時代小説を書くのが
大好きです。

なかなかの遅筆ですが頑張ります。

さてさて


絢菜「さてさてどうなりますやら?」

秀家「作者が結末不明とは?」

豪姫「私たち悲恋にされるのでは?」

絢菜「うーん、でも史実では
悲恋ですからね。」

豪姫・秀家「聞きたくない。」

仲の良い夫婦でした。
うん、素晴らしい。


コメント

ログインするとコメントが投稿できます

まだコメントがありません