newsaiko12

最高な品質を提供し、お気になるものを選択ください

https://www.saikodoll.com/

セックス人形の進化を示す3週間の展示会で40周年を迎えた

日本で一番古い「ラブドール」メーカーは、大人のおもちゃから変ななイメージを取り除き、代わりに芸術作品として見るように人々に勧めたいと考えています。

東京を拠点とするダッチワイフメーカーのオリエント工業の広報担当者は、「今でもスティグマが残っている」と言いました。オリエント工業は、1万人を超える来場者を集めたセックス人形の進化を示す3週間の展示会で40周年を迎えた。

「しかし、私たちの展示会には、男性と女性の訪問者がたくさんいました。実際、男性よりも女性の方が多かったのです」と彼は言いました。 「老いも若きも、男性も女性も、本当に幅広い人々がいました。私たちのセックス人形の美しさの評判を聞いて来たのだと思います。柱頭を取り除きたいのです。」


https://www.saikodoll.com/collections/dutch-wives-dolls


良いセックス製品を製造することを目指す

オリエント工業は1977年に元セックスショップのオーナーである土屋秀夫によって設立されました。土屋秀夫は、自分の店でインフレータブルラテックスのセックス人形を購入した顧客がパンクを訴えて戻ってきていることに気づきました。土屋は自分の店を売り、そのお金を使って、より耐久性のある製品を製造することを目指して自分の事業を立ち上げました。

東京都上野地区に本拠を置き、葛飾区に工場を構えるオリエント工業は、現在、メイクアップアーティストやフェイススカルプターなど26人の労働者を雇用しており、その多くは美術学校の卒業生です。

「ラブドール」は、手触りが柔らかく、リアルな錯覚を高めるシリコンスキンが特徴です。吉浦三浦ローリー・シモンズや篠山紀信などの著名な写真家が、同社のラブドールを本や展示の主題にしました。後者は、渋谷のアツコバルーギャラリーで5月20日から6月11日に開催されたオリエント工業の記念イベントで彼の作品を展示しています。

ダッチワイフ購入理由について

広報担当者は、アートの世界からの検証がダッチワイフに対する態度を変えるのに役立っていると信じています。

「私たちは多くの異なる顧客を獲得しています」と彼は言いました。 「セックスのためにセックス人形を買うことにしか興味がない人もいれば、写真を撮るために人形を買いたいと思っている人もいれば、持ち帰りたいと思っている人もいます。一緒に暮らすことについて書いているブログを持っている人もいます。

「多くのお客様は40歳以上ですが、20代のお客様もいます。モデルを雇うのは費用がかかる可能性があるため、写真家はモデルを写真に使用できます。また、ショップのディスプレイで使用するためにそれらを購入する顧客もいます。」

日本家族計画協会が2月に発表した調査によると、日本の夫婦のセックスレスは増加傾向にあり、半数近くが一ヶ月以上恋をしていないことを認めている。

調査した男性の記録的な35.2%は、セックスへの無関心の最大の理由として「仕事からの疲労」を挙げ、女性の22.3%は、恋愛を「面倒」と述べました。

コメント

ログインするとコメントが投稿できます

まだコメントがありません