ファン
6

かおる

父の仕事の関係で、幼い頃より北アフリカ、ヨーロッパを転々としてきました。笑顔で誠実にお客様をもてなすのが得意で、海外生活が長いせいか、英・仏・韓と語学に長けています。色々な経験をしてきたので、それを本を書くことで昇華しようと考えました。是非、私の作品を読んで下さい。これまでの著書としては、文芸社から出ている恋愛日記、「チェジュドの忘れ形見」があります。

救済

好きになった後から思い出したのだが、私が電話で母に傷つけられ、奇声を上げた後泣いてしまったら、「大丈夫ですか?」と真剣に訊いてくれたのは彼だった。何という偶然であろう。

コメント

ログインするとコメントが投稿できます

まだコメントがありません