からかわないで、千賀谷くん。

作者鹿深千晴

「もう二度と恋なんてしない……」
元カレの裏切りによる辛い恋愛がきっかけで、心を閉ざすことを決めた私。
だって、怖いんだ。大切な人に裏切られるのも、傷付くのも……。
なのにどうしてか、後輩の千賀谷くんだけは私を「大好き」だってからかってくるんだ。

 



「結城先輩、みーつけたっ」



桜散る春。一人ぼっちの私が出会ったのは、

春風みたいにいつも私の側に飛んでくる後輩の男の子。



「私はもう二度と、

誰かを好きになんてならない……」


「そんな悲しいこと、

おれなら二度と言わせないのに」



画像タイトルを入力…



「だっておれ、先輩のこと大好きだし!」


「からかわないでよ」



素直じゃないこじらせ優等生♀

×

強引でまっすぐな後輩♂



じれったい系年下ラブストーリー