春に咲く華のように、

作者双葉ナツ

日本三代名家の一つ、天宮家。冷酷非情と恐れられる天宮樹の傍には、いつも一人のメイドがいるー。

すべては ''嘘'' から始まった。



小さなお城で彼と過ごす時間は、私には宝物で、

愛しくて、幸せで、苦しいものだった。



この世界できっと、

''イチバン''好きになってはいけない人だった。





『あの子は俺の特別。』

秘密を守る者と、

「あの方は特別なんです。」

秘密を守られるもの。




不器用メイド×エリート御曹司




愛し愛され、隠し隠され、

秘密の扉はすぐそこに。









*この物語はフィクションです。

実在する人物・団体等は一切関係ありません。