【平安時代編】公家である直元は父の友人の娘・萌黄との結婚の話が出る。しかし友人の妻・透子を見る度に、萌黄に足りない気持ちを抱く。そして直元は、父の側室・愛音に心を寄せていく。