愛のピストル

作者JIA

​────君には、僕しか必要ない。
彼の策略に気付かない私は、それを"愛"だと思った。




マフィアのボスと、天使と謳われる少女。




画像タイトルを入力…




​──────どうして、そんなこと言うの



向けられたピストルは、私の頬を濡らした。