愛してるって分からない?

作者し い

情けなくて惨めで劣等感に押し潰されそうな私に追い討ちをかけるように男は言う。「茜ちゃんは椿ちゃんより劣るからねぇ。なにもかも」敵わないことなんて私が一番知っているのに。

 






いつも私を貶める事を楽しんで




野良猫のように掴めない男





「僕に助けてって泣き縋れよ」





差し出されたその手の真意が分からない








*本編完結*


*番外編追記中*