お世話になりますっ!

作者スイポテ

壺を割ってしまった代わりにお願いされたのは男だらけのお家でお手伝い!?家政婦!?でも彼等はその家で''ある人''をずっと待っていました。
















「俺たちはあいつがいないとダメなんだ」



どんなに苦しくても



「普段笑わないくせに一瞬だけ笑った顔がとても綺麗で…」



どんなに辛くても



「こんなにも愛おしいと思ったのは初めてなんです」



私は笑っていよう



「おかえりって言いたいな」



帰ってくるその日まで














「君じゃあ、あの子の代わりになんてなれないよ」



それでも私は責務を全うするだけ。




ただ、それだけ。