「好き」を分かってもらいたいのに分かってもらえないこの辛さ!

「ケイくん、好き好き、だあい好きだよ。」



「うう嘘だ!そうやって俺をその気にさせておいて、実際はそこまで好きじゃなかったりするんだ!」



「嘘じゃないよ。大好きじゃなきゃ付き合わないもん。」



「き、きっと将来エリートな紳士と付き合うために俺を踏み台にしているんだー!」



「そんなことあり得ないよ。だって私はずっーとケイくんと一緒がいいもん!」



「ででで出た『ずっと一緒がいい』!

こ、このふわっとした言葉が俺をグレーゾーンの世界に迷わせるんだーーーー!!」



う~ん。


ケイくんはどうしたら「私の好き」を信じてくれるのかなあ??