嘯く言葉は、幼いころの私には耳障りだった。


だって、目の前にいるのに。

笑ってこちらを見ているのに。


私以外の誰もが、見えないフリをするんだ。