親子という名のシガラミ

作者凛子

母は5度流産を経験した後、あたしを産んだ。他の家庭より何倍もの愛を受けている自覚はあるのだが…それは重みとなってあたしにのし掛かった。