恋の処方箋

作者

彼は自分を”病気”だと言う。


好きだから、痛め付けて泣かせて、滅茶苦茶にしてやりたい。


好きだからこそ、傷付けたくない。



画像タイトルを入力…



「俺は病気だから、近づかないほうがいいよ」


「どんな冬月くんでも、好きなんです」



このに、処方箋はありません。