「昔の自分と周りを恨んで」
あの日、私はこわい人に出会いました







「僕を恨んで、憎んで。そうすれば幸せになれるから」




私が出会った男、橘総海はどうしようもなく寂しく悲しい




私の幼なじみでした






※手直しをしながら更新しているので栞がズレてしまう場合がございます。大変申し訳ございません。