スバルの欠片

作者こまり。

彼はどこか不思議で、時折無機質になるその瞳を、私は守りたいと思った。









私がスバルの欠片になれたら





それは、何よりも幸せだ