流星霧消

作者yn

思いを寄せたあの子は真っ直ぐで可愛くて輝いていた。その輝きが突然消えてしまうのではないかと怯えた。





希望も憧れも流れ星のように輝いては消える




君はどこまでも眩しくて輝いていて




真っ直ぐに俺に向かってくる








「今日も可愛いね、美琴ちゃん」











※「A301」の遊佐貴登のお話ですが「A301」に触れていなくても読めるよう努力いたしております。基本的に男性目線のお話になります。


※ほんの少しだけ歪んだ人間が出てきますのでご了承いただけるとありがたいです。