ヨルノスミカ

作者白黒タヌキ

平穏な日常を送っていた女子高生、伊花 朔。
友人から“人喰い鬼”の噂を聞いた日から、周囲では不思議な事が起こり始める。




これは平凡な日常に亀裂が入るだけのお話




「 私、無実ですけど 」




信用できると思うか? 」




「 俺は信じるぞ。当然




可愛いじゃん。虐めがいありそうで 」




「 女の子には優しくしないと。可哀そうだろ? 」




生きたいなら、藻掻くしかない