きみが赤を手離すとき。

作者平岸ガラ





知らなかったよ。こんなに嬉しいなんて。


知らなかったよ。こんなに苦しいなんて。




先輩。



私、もうただの後輩には戻れないです。