人生に絶望した彷徨える生人が今日も死の婚約者の元を訪れる。彼らは彼らなりの“死”の形を果たし、死者となる。

君は僕にどんな“死”を見せてくれるんだい?




おや、その単語を口にする勇気がないのかい?




なら、君はそこで見ているといい。




僕の愛しき生人が彼らなりの“死”を見せてくれるだろうから。




君も僕にとっての愛しき生人かって?





当たり前のことを聞くんだね。





君は僕にとって





愛しき死人だよ。