灰色の世界で、誰かが私の名を呼んだ。








たくさんの色が敷き詰めあってもはや何色かも分からない灰色の世界で、彼だけが色なく輝いてた。








その笑う笑顔が、とても綺麗で






儚く靡く金色に、そっと触れた